財団法人千葉県文化振興財団

少年少女オーケストラ育成事業

プロフィール

佐治 薫子(さじ しげこ)  千葉県少年少女オーケストラ音楽監督

 1935年木更津市生まれ。1956年千葉大学教育学部音楽科卒業。同年君津市立松丘中学校勤務、リード合奏の指導に情熱を傾け、バッハの音楽を中心に演奏活動をし、「山の中のバッハ」のタイトルで全国放送される。

 1966年に船橋市立前原小学校へ転任し、リード合奏からオーケストラ音楽への指導に専念した。1976年に習志野市立谷津小学校へ転任し、1984年に市川市立鬼高小学校へ転任した。最後の4年間は再び谷津小学校で過ごし、1996年退職。教職40年間をひたすら音楽教育に情熱を傾け、その間40数回も子ども達を全国優勝に導いている。在職中テレビ・ラジオ出演も多数。また、サントリーホールやNHKホール、東京文化会館大ホール、中新田バッハホール、カザルスホール等での招待演奏、さらにニュージーランドへの演奏旅行も行っている。

 退職後1996年4月1日からは、千葉県少年少女オーケストラ音楽監督として活躍している。2006年4月放映のNHK「にんげんドキュメント 〜がんこ先生とぼくらのハーモニー〜」では、音楽に情熱を傾ける姿が反響を呼び、2009年10月に再放送された。2007年2月には千葉テレビ「佐藤しのぶ出逢いのハーモニー」に単独出演(2010年3月1日再放送)、また、2009年9月には、NHK-BS2の「どれみふぁワンダーランド」の「匠の技」においてその指導法が紹介された。2017年2月17日にはNHK「ラジオ深夜便」に出演し、これまでの指導方針についての話しをするなど、テレビ・ラジオの出演も多数。
2016年12月2日にはこれまでの功績を称えられ、文部科学大臣より地域文化功労者表彰【全国表彰】を受賞した。
公益財団法人千葉県文化振興財団特別参与

主な受賞

「サントリー地域文化賞」(1988)
「千葉県教育功労賞」(1989)
「市川市民栄誉賞」(1992)
「国際ソロプチミスト賞」【全国表彰】(1993)
「習志野市教育文化功労表彰」(1994) 
「国際ソロプチミスト社会貢献賞」【全国表彰】(1995)
「習志野市市政功労賞」(1996)
「キワニスクラブ教育文化奨励賞」(1997)
「千葉県文化功労表彰」(1997)
「NHK関東甲信越地域放送文化賞」(2005)
「音楽教育功労賞」【全国表彰】(2008)
「地域文化功労者表彰」【全国表彰】(2016)等

出版されている本

森玲子 著「バッハ先生と1000人の子どもたち」CD付き(D.ブレイン)
森玲子 著「ひろがれぼくらのハーモニー」(講談社)等

これまでの主な役職

ウィンドミルオーケストラ音楽監督

元財団法人千葉県青少年協会理事

元財団法人千葉県社会教育施設管理財団評議員

元千葉県立房総風土記の丘協議会委員

元財団法人市川市文化振興財団理事

元「ちばの文化を語る会」委員

元千葉県生涯学習審議会委員

元ゆめ半島千葉大会実行委員会「式典専門委員会」委員

元千葉県社会教育委員

元全国障害者スポーツ大会式典専門委員会委員